2014/08/22

広島土砂災害に思う

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

各地から大雨による被害のニュースが入ってきます。
災害に遭われたかたに心よりお見舞い申し上げます。

特に広島の同時多発の土砂災害には悲しく胸を打たれるものがあります。

NHKで大きな災害になった原因を分析しています。
曰く
1、3時間で200mmを超えるこれまでに経験したこともないような豪雨だった。
2、土壌がもろい「まさ土」だった。
3、真夜中に起こった。
だそうです。
防災の専門家の分析として重要な情報です。



これから住まいを計画している方のために
建築士の立場から考えてみたいと思います。

まず考えたのはなぜこのような所に住むのだろうか?
と言うことです。

被害のあった地域は
都市が無秩序に拡大したいわゆるスプロール現象で生まれた住宅地です。
かつては人が住むには不適切だった急勾配の土地を
切り開いて造成してできた住宅地です。

現行法規にあった十分な施工をしていても
その基準を作る時に想定していた雨量を大きく上回る
ような雨が降ってしまえば簡単に破壊されます。
それが現実だと言うことを頭において土地選びをすることが大事です。
2014/08/23

広島土砂災害に思う その2

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

広島の土砂災害のニュースで
「土砂災害指定区域」を指定する作業が住民の反対で出来ない
と言うことでした。

その指定を受けると
土地に関しての権利が制限され土地の値段が下る。
というのが住民の反対の根拠です。

実際に大きな被害が出たところにしか指定ができないとしたら
この法律に期待した災害の予防効果はありません。

土地に関しての権利を無制限に主張する
市民の意識のあり方に疑問を持ちます。

しかし市民の側だけせめるわけには行きません。
その原因が異常に高い日本の土地の値段だからです。
一生ローンを払い続けなければならない土地です、
権利を制限されるとなれば反対するのが道理です。

この土地本位制とまで言われる土地価格に関して
有効な手立てをしてこなかった政治に関して
疑問を持つ必要が有ります。

政治的に偏った考え方をするわけではありませんが
日本の国民が土地に関しては賢い物の考え方が出来ないのは
そのように誘導されてきたからだと考えるのは間違っているでしょうか?

「庭付きの一軒家を持つのが一生の夢」というのは
本当に国民全員が持つべき夢なのでしょうか?
ビールのCMを見ると酒を飲まない人間でもちょっとのんでみたくなります。
そのように人間の夢は誘導されやすいものだと気づく必要があります。

「庭付きの一軒家を持つ」よりも
都市の集合住宅に住んだ方が豊かに暮らせる状況の人も多いはずです。
誘導された夢でなく合理的に考えた夢を持つこと
が大切だと思います。

土地所有者にとって有利な施策をとり続けること
土地をビジネスの対象にすることが錬金術的に
莫大な利益をもたらしてきたことなど
良く考えて修正する必要が有ると考えます。
2014/08/24

広島土砂災害義援金

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

今日もTVから悲しいニュースが流れてきます。
被災した方々の様子を見て何か出来ることがないか考えました。

ボランティアに駆けつけることも出来ないので
せめてもの気持ちだけを義援金に託すことにしました。

「義援金」で検索すると直ぐに
「広島市が、豪雨被災者への義捐金を受け付けています」

の記事。
わずかな金額ですがネットバンクから振り込みました。

被災者の方の生活再建に役に立てばと思います。
2015/02/14

ハザードマップ

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

土地選びをなさっている方に便利なツールがありました。
国土交通省のハザードマップポータルサイトです。

ポータルサイトですから全国の地方自治体のハザードマップのサイトにアクセス出来ます。
各自治体で公表している洪水、津波、火山、土砂災害などのハザードマップを見ることが出来ます。
土地選びで候補地がいくつかの自治体に有る場合
ハザードマップの有無や配布の状況などを調べるのは面倒なものです。
それがワンクリックで済むのはありがたいものです。

リンク欄に登録しておきましたのでそちらもご利用ください。

せっかく買い求めた土地が津波や土砂災害の危険性が高いというのを後で知ったら
きっと後悔してしまいますね。
そんなことが無いようにしっかり調べて土地選びを進めるようにしたいものです。

もちろん今住んでいる場所のもつリスクを知って対策を考えておくのにも役立つと思います。
2015/09/11

今まで経験したことのない大雨

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

茨城県常総市で鬼怒川の堤防が決壊して大きな被害がでています。
被害にあった皆様にお見舞い申し上げます。

今年の流行語大賞は「今まで経験したことのない」と言う言葉でしょうか。
先日のNHKのタモリさんの番組で400年位の周期で大雨が降る時期がある、ということでした。
このような激しい気候が今後ずっと激しさを増し続けるのではないことを祈ります。

鬼怒川の決壊は堤防の改修工事が間に合わなかった、ある意味での人災の要素が有ったようです。
間に合っさえていたらこんな事にはならなかった、と考えるとこのような豪雨でも乗り越えうる技術は持っている
というのが少しばかり慰めになるように思います。
建築の技術者の端くれとして技術を信じたいと思います。

福島の原発でも大きな津波が来る恐れがあるという科学者の提言を握りつぶしたとが悔やまれます。
そのときには経済的な負担が大きくても科学者や技術者の言葉は重視したい物です。

だから建築士のいう事は素直に聞きましょう(^^ゞ
あ、税理士も行政書士のいう事も大切にしましょうネ~(^^ゞ