2013/12/09

腰痛解消体操

師走に入って菜園その他の草引きが主要な作業と成っております。
三角ホーで延々と草を掻いて行きます。

腰を曲げた状態で長く居ますので
腰の筋肉の緊張が解けない状態になります。


腰痛症になってしまう前に緊張を解いておきます。
方法は操体法です。
聞きなれない名前かもしれませんが
医師の橋本敬三先生が戦後から広めた治療法です。

体の痛みやコリを体を動かして取り除いて行きます。
基本は動かして痛い動きとは逆に痛くない方向に動かして
筋肉のコリを緩めます。

私のやっている腰痛解消方法をご紹介いたします。

1、かかと伸ばし
仰向けに寝て右足、次に左足のかかとを
向こう側に押し出すように動かします。
やってみてやり易いほうのかかとをグーッと
5~6回伸ばします。

操体法1

2、膝倒し
次は立膝にして両膝をそろえて
右に倒します、次は左。
これもやりやすい方向に5~6回倒します。

操体法2

3、膝の内転
立膝の状態から少し足を開いて
片足は動かさないで反対側の足を内側に倒します。
これも左右やってみて、やり易い方を5~6回
操体法3

4、腰伸ばし
最後は腹ばいになって肘を床に付けて
上体を立てるようにします。
腰に痛みがこない範囲で伸ばします。
操体法4

農作業が終わってクワの土を落としてメンテナンスするように
腰の張りも軽く落としておくと大きなトラブルにはなりません。

替えの効かない体です、小まめにメンテナンスして
良い状態で居たいものです。
2015/02/09

首が回らない?

こんにちは間取り・家作りボランティアの間取作造です。

「首が回らない」
相方の朝の第一声
ちょっと触ると首の後ろの右側の筋肉が緊張していて押すと痛がります。
昨晩寒くて肩を冷やしたようです。

こんな時には操体法で筋肉を緩めます。

首の動きは上下、左右を向く動きと左右に回すの6種類。
今回は右を向くと痛くて動かせないと言う症状です。

正面を向いた状態から痛くない方=左を向いてもらいます。
一人で3回くらいやったらその動きに抵抗を加えます。
相方のあごに私の手を当てて左を向こうとする動きに軽く抵抗を加えます。
筋肉に負荷を掛けて運動量を大きくするのが目的です。
ゆっくり「い~ち、に~い、さ~ん」と言う感じで動かして「ふ~っ」と脱力します。
少しずつ抵抗を強くして5回ほど。

「あれ?良くなってる」
「10痛かったとしたら2位になっている」との事。
その後は軽くマッサージをしてホカロンを貼って完了。

みんなが覚えれば医者に掛かる人が少なくなって
日本の医療費が減るのにと思います。

操体法に関しては
http://sotaiho.web.fc2.com/webtext/textsoutai/
に詳しいです。
また「操体法 動画」で検索すると沢山の動画が出てきます。
「操体法 首 動画」のような検索で部位を絞った検索も有効だと思います。