2011/09/24

吉本隆明「家族のゆくえ」読了

「胎児期を含めた乳幼児期の母親の心のありようが
こどもに刷り込まれていくと考えられる」としている

幼少期に母親にかわいがられて育つと
辛いことが有ってもそれに耐えることができる
心を衝撃から守る壁が出来て、衝撃によって
異常をきたすことがない

このことを三島由紀夫、夏目漱石、太宰治を例にとり
破滅的な人生が幼少期の不遇な経験と密接な関係にある
としている

子育ての場である家を考える時にこのことを
よく考える必要が有ると考えます
母親の心が落ち着いていること
それを支える環境としての住宅と家庭
明るく楽しく希望に満ちた空間と家庭であること
が重要だと考えます
それが出来れば苦労はないよとも言えますが
まずは大事に考えましょう

この時期さえ豊かに過ごせば余計な教育など不要
と言い切っている事にはほっとさせられます
2011/09/24

「住まいに居場所がありますか?」読了

建築家横山彰人氏の「住まいに居場所がありますか?」
を読みました。
建築家の書いた文章は独りよがりでわかりにくい
建築を作るのが専門で文章はその説明
悪く言えば言い訳のようなものが多い中

今まさに家を建てようとする方に寄り添いながら
そして高い視点を忘れないで設計活動している氏の
生き様どおりの本になっていて大変好感が持てました

「いい家」の共通点を『家族がこれまで育んできた
生活の歴史があらゆるところに反映されていること』
としています
日々移ろい行く商品化住宅、高性能化してゆく部品群
その結果としての高性能、高機能の住宅であることは
必要条件にしか過ぎずそこだけに意識を奪われること
なく
家族関係を作り出す装置として、考えるべきだと主張し
数々のデータ実例でわかりやすく説明してくれています

文章の中にちりばめられた「住文化」「家族の品格」
と言った言葉に、今貴方が建てようとしている住宅が
まさにわが国の文化を作っているんだと言う責任を
思い起こさせ

また自然に囲まれた山里に建つ商品化住宅によって
破壊された景観にやるせなさと静かな憤りを訴えて
います

これから住宅を建てようとしている方には是非読んで
いただきたい一冊です
2011/12/08

シンボルツリー

シンボルツリーと言うのは
「その家のシンボルとなるような、大きな樹木の事
一つ植えるだけでも、住宅全体が違って見えたり
外構が華やかになるといった効果もある」
と言うのが一般的な定義ですが

実際に設計するときには
家族がその木と共に成長して行く姿をイメージします


毎朝その木を見て朝食をとり
子供たちがその木の下で遊び
クリスマスにはもみの木でなくても
イルミネーションを飾り
四季折々の家族の生活に
自然の息吹を伝える働きをするもの

シンボルツリーをそのように位置づけして
意味のある植栽をしたいと思います


シンボルツリー

「一本の木が在る それは詩である」

ある哲学者の言葉です
このときの木は生命を象徴的に
表現しているのでしょう、、、か

この木の写真は
「プロカメラマン撮影の無料写真素材・
フリー画像素材のリンクスタイル」
からお借りしました
http://www.linkstyle.co.jp/
2011/12/13

配置計画その1

商品化住宅が市場を席巻するようになると
家は建てるものから買うものになってくるようです

その中でも忘れないでほしいのは
配置計画の重要性です

何LDKの家の間取がうまく入って
駐車台数も確保できたから
これでよしと言うような設計に
出会うと寂しい思いにさせられます

道路から玄関までのアプローチ
ダイニングやリビングと庭とのつながり
窓から見える景色など

生活のそれぞれのシーンにふさわしい
外部との繋がり方があるはずです

小さくても南側の日当たりの良い場所は
お子様の外遊びの場
庭弄りの場になります
それらの外部空間での活動と
間取がリンクしていなければ
生活の豊かさはありません

シンボルツリーとかアイストップとかの記事に出てくる
テクニックも
生活を豊かにするために必要な
技術なのです

住宅建築に携わる設計者も様々です
国家資格をもった建築士や
専門知識もなく資格もないけれど設計士
と言う法に触れない言い方で仕事をしている
人も居るようです

建て主、買主がしっかりと
見る目を持たないといけません
賢い消費者が良い市場を作るのです

間取と外部空間とのつながり
と言うポイントもしっかり意識して
貴方の手元の間取り図を確認してください

紙に書いてあるうちは直すのが簡単です
納得がいくまで検討してください
2011/12/17

シンボルツリーその2

シンボルツリーは自分の好きな樹を選びましょう
ポピュラーなのは
ハナミズキとかシャラとか比較的管理が楽で
花や紅葉が楽しめる落葉広葉樹が多いようです



180px-Larix_leptolepis2.jpg


お勧めしたい樹はカラマツです
漢字で書くと「落葉松」
もみの木のような樹形で落葉します
落葉した冬の景色
芽生え始めた枝に粒々が付いたようなこずえ
そしてそれが開き始めた新芽
夏の暑い中の涼しげな濃い緑
そして紅葉から落葉
地面に敷き詰められた落ち葉
一年を通じて日々変わってゆく姿が
季節を心に刻むようです

忙しく食べる朝食時に落葉松が目に入り
あ、蕾が膨らんだと気づいた時
豊かさを感じること請け合いです

大きくなる樹です大きくなりすぎないように
剪定をする必要があります