2011/09/24

子供室について

老後の資金に用意していた1500万円が無くなったと
今にも泣き崩れそうな表情で嘆く老人
重病を患って介護施設に通っていた

通帳の口座番号をどこで調べたのか
引きこもりで10年以上部屋から出てこない息子が
インターネットで知り合った女(と言っている)に
ブランド物などをプレゼントしてしまった
ということだった

昔ながらの家で立派な玄関が有り
まっすぐ中廊下が伸び左右に応接間と居間
居間の奥に茶の間と台所が繋がる中廊下型の家
中廊下と平行して2階への階段

玄関から階段を上がってゆく子供の気配は
奥にある台所からは感じることが出来ない

大事な一人息子に与えた二階の南向きの8畳間は
快適で引きこもるには最適であった
(暗いほうがいいのかな?)

子供は与えた子供部屋の大きさや環境に比例して
良い子に育つものではないのです

続きを読む

2011/09/24

子供室について(その2)

二階の吹き抜けに面したプレイルーム
プレイルームから2つの子供室に入る
と言う間取

奥様「二階でばたばたする音が下に響いて
 うるさくありませんか」
間取「うるさいですよ、でもそのほうが安心
 静かにしている時は要注意ですよね」
奥様「、、、あ、そうですね」

まだ赤ちゃんで騒ぐことはありませんが
子供の頃の自分に心当たりがあったご様子

集合住宅でなければ家の中で音が響くのは良いこと
子供の様子がいつも伝わってききます
危なかったり注意しなければならないときには
子供は静かになるものです

ン?静かになった「何やってんの」と言う感じ
が大切で、いつも見張られて、いや見守られている
そう感じるのが大切ですね
2011/09/24

吹抜と断熱

吹抜を作ると寒いと言う話があります

昔は断熱材もなく、ペア硝子もなかったので
室内の温度は暖房をつけていないと外気温に近くなってしまいました
そこに暖房を点けると足元が寒く天井近くが高温に成りました

高密度高断熱と言う言葉をお聞き及びと思います
多くの住宅が高気密工断熱になり
建築基準法も24時間換気を義務付けるようになって
ずいぶん経ちます

高気密工断熱で建てると建物全体のヒートロスが小さく
暖房しなくても冷え込むことが少なくなります
そのため吹き抜けがあっても
1階も2階もそんなに温度が変わらないように出来ます

高気密高断熱をうたったハウスメーカーだけでなく一般の
工務店でも可能です

せっかくの吹き抜けです生かしてみてはいかがでしょうか

トステム スーパーウォール
http://tostem.lixil.co.jp/lineup/kouhou/
フクビ エアサイクルの家
http://www.aircycle.co.jp/
2011/09/24

客間について

こんなケースがありました
希望の部屋数に対してやや狭い敷地の2世帯住宅の建て替えでした
LDKの空間を必要十分に広くしたい考えていました
奥様「お客様を泊められる、客間はどうしてもいるんです(きっぱりと)」
間取「はい、6畳間で押入れ床の間付ですね。
   ところで過去1年間にどの位お客様が泊まりました?」
奥様「去年はなかったわね」
間取「過去五年くらいでは」
奥様「ないわねー」
間取「では過去十年では」(我ながらしつこい)
奥様「ないわねー」
間取「これから、泊まっていただかなければならないお付き合いの
   お知り合いが出来るんですね」(最悪しつこい)
奥様「それも無いわねー」
間取「客間って要りますか?」
奥様「そういわれると、、、」(なかなか諦められないものです)
奥様「そう考えるといらないわね」(はい正解です)
このように必要な部屋=間取りを考えるうえで基本中の基本
これがあいまいな思い込みだけで進んでしまうと
出来上がった新居は貴方の生活にフィットしなくなります
間取り図作成の段階でこの部屋はこう使って、、、と
しっかりとイメージしてみてください
2011/09/24

テーマを持とう(その2)

記事は「理想の間取り作ります」の
テーマを持とう(その2)」に引っ越しました。
フリープランニング共々よろしくお願いいたします。