2013/01/09

長柄ダムウォーキング

長柄町都市農村交流センターが主催する
シェイプアップウォーキングに参加しました。
長柄ダムによって出来た市津湖の周囲を片道2km往復4kmの
ウォーキングです。

長柄ダム


女性4人に男性1人と我々夫婦が参加
インストラクターさんの指導でストレッチ
センターの職員の方も付いて
颯爽と、、、、(?)

歩き方のコツは
腕を90度に曲げて後ろに引く事を意識する
後ろ足の蹴りを意識する
などなど。

腕の振りを大きくすると背中が暑くなり
シェイプアップに効きそうです。



冬至を過ぎてやや日差しが強くなったのを感じながら2km
折り返しの広場で心拍数を計りました。

120回/分を目標にしていましたが皆さん100回/分前後
「心拍数が低かった方は、ご自分で歩くときは少しペースを上げて」
とアドバイスが有りました。

帰りは景色を見たり、話をしたりの散策ペースで
往復1時間のウォーキング終了。




解散後、センターでおにぎりの昼食
我々だけの貸しきり状態でした。
適度な運動の後のおにぎりは最高です。

帰りに、腐葉土用に落ち葉を少し分けていただきました。

むせるような落ち葉の匂いに包まれて帰ってまいりました。
2013/02/03

ウォーキング

家から歩いて5分くらいの所に南白亀川が有ります。
南白亀と書いて、ナバキと読ませます。
南をナ、亀をキと読ませるのはわからなくもありませんが
白をバと読ませるのは初めて見ました。

南白亀川のり1

その南白亀川でのりの養殖をやっています。
船の先に浮きが並んでいます。
そこに網が張ってありその網にのりを育てています。

一年でも一番寒いこの時期に収穫が始まります。
昨シーズンは気候のせいで成長が悪く4月頃まで収穫出来なかったようです。
今シーズンは鰯の群れが遡上してきて大量に死んだため
匂いがついてしまったのではないかという話が聞こえてきましたが
どんなものでしょうか?

寒い中の作業の様子を見ていると
豊作?大漁?であって欲しいと思わずにいられません。

未だ風は冷たいですが、日差しは暖か。
川辺の4kmのウォーキングコースを歩いてくると
爽やかに一日が過ごせます。
2013/02/25

文化の違い

いすみ市の友人の家に遊びに行きました。
建築が大好きで古い農家を買い取って
自分でリノベーションしてしまったという事。

こういう風景を見ると
♪ぼおや~良い子だねんねしな~♪と日本昔話の歌が聞こえてきそうです。
そして常田富士男さんの声で
「むか~し、山里に正直者の夫婦が住んで居ったそうな~」と

リチャードソン邸

工事の前と工事中の写真を見せていただきました。

文化財になるような古民家ではなく
痛みも激しかったようです。
手伝ってくれた地元の職人さんも
「新しく立てたほうが良いのでは、、、」と言う方が多く
お年寄りの大工さんだけが
「面白いものになるかも」と言ってくれたそうです。

まとまった休日を利用してのセルフビルドは
3年かかったそうです。

その間は庭にテントを張って生活したそうな~

気密性が無く囲炉裏でまきをたいていた家は
天井や梁に埃と煤とタールが混ざったものが
こびりついてそれをはがすだけでも、、、

工事中の苦労話は限りなく出てきそうです。

それを聞いて「よくやったね~」と感心するばかりです。

建物のすべてが熱い思いとこだわりと
アイデアと面白がりで出来ています。


奥様に「育った文化の違いでしょうね」とお話したら
「そう、文化の違いでしょうね」と、、、

ご主人はカナダのバンクーバー生まれだそうです。

歴史の浅いアメリカではそれほど古くない建物でも大事にする
という事を聞いていましたので
カナダも同じだろうと思っての会話です。


高温多湿の風土で木造建築がほとんどの日本では
神様も20年ごとに新しい神殿に入ります。
長い間に培われた文化の違いを感じた一日でした。
2013/03/22

たらの木

昨日に続いててんぷらのねたの話です。
春、てんぷらと言えばたらの芽です。

昨年の初秋に友人からいただいたたらの木。
すぐについて枝葉が茂っていたのですが
枝のように出ていたのは大きな葉の軸だったようで
冬になったら幹の所から落葉。

冬の間は地面から棒が突き出ているだけのような状況でした。
そういえばたらの木の事を「たらんぼう」と言っている
年寄りがいました。
姿を見てなるほどと思いました。

009.jpg

上の写真がたらの木の現状です。
天辺からはすでに芽が出てきています。
これだけとって食べてもつまらないので
節のようになっている所から芽が出てくるのを待って
たらの芽のてんぷらをいただく事にしましょう。

奥に見えているのはトウ立ちした白菜です。
菜の花が咲いています。
あまり聞いたことが無いのですが
開花前の花をおひたしで食べてみました。
菜の花のおひたしと同じ様なものです。
元をたどれば先祖は同じだという事ですから
不思議ではないですね。
2013/03/25

落ち葉拾い

ぐうたら農法の基本は”土”です。

水耕栽培で無い限り植物は土に生え
土から水や養分をもらって成長するのですから
考えてみれば当たり前ですね。

良い作物を作るためには
有機質が豊富でそこに住む微生物や虫が
種類も数も大量であることが大事です。

菜園の内外の雑草を根っこをそのままにして
刈り取って畑に撒きますがそれだけでは
なかなからちが空きません。

その有機物と多様な虫と微生物を入手して
菜園に投入する事を考えました。
腐葉土を入れることです。
しかしホームセンターではかなりのお値段。

そこで、、、、

001_20130325200407.jpg

知人の管理する雑木林で落ち葉をいただいてきました。

落ち葉は重なり合ってふかふかしています。
表面は乾いていますが5cmほどのところは程よく湿っています。
10cmほどのところは発酵してとても暖かくぽかぽかしています。
そこにはカブトムシの幼虫もぐっすりお休みになっていました。

002_20130325200438.jpg

沢山の種類の微生物と虫たちが生活している事が感じられる
豊かさを感じました。