2013/03/18

南入り2LDK+和

南入り2LDK+和の間取りです。
1階61.55㎡ 2階48.02㎡ 延べ109.57㎡です。

夫婦+お子様一人
お子様の人数は確定していない状況での家作りです。

130130ハム三郎邸9130130ハム三郎邸92

ポイントがいくつか有ります。

南入りで敷地の幅が狭い場合、玄関の場所によって
南面できる居室に限界が出てきます。

南に居間と和室を並べその南側に玄関とホールを設けています。
この考え方は今までやったことが無いパターンでした。
住まい手の奥様のアイデアです。
はじめは違和感を感じましたが
合理性が有ってそれ以上のものが無いので採用させていただきました。

リビング階段。これは好き嫌いが有ります。
LDKの大きさを最大限優先する考え方です。

次に子供室。子供さんの数が確定していないので
子供室の数をどうするか悩ましい所です。
子供さんの人数が子供室の数と言う考えから
少しだけ発想自由にしてみます。

大きな一部屋を作っておき必要に応じて
家具やパーティションで区切って行く考え
にしてみました。

子供室を2室用意しておいて。
第二子が出来なかった場合一部屋倉庫になります。

このような大きな一室にしておけば
使えない部屋が出来てしまうことなく
さまざまな展開が可能です。
以前「子供室の間仕切り」で書きましたが。
子供さんは必ずしも区切られた部屋を望むものではない。
と言う経験も有ります。
子供さんと相談しながら考えて行くのも
子供成長に良い影響をもたらしてくれると思います。

何よりもおおらかにすごすことが可能です。
スポンサーサイト
2013/07/21

横長の家

ご無沙汰しております。
ブログにこの書き出しはいかがなものかとも思いますが(大汗)

間取り図作りのご依頼が集中しまして(汗)

西道路、間口6m奥行き20mまたもやうなぎの寝床です。
130705横長_512
敷地は開けた所にあり南側隣地からの採光も期待できるとのことで
このようなプランを提案いたしました。
130705横長2_512
細長い敷地の最大の問題は
法規上の採光面積が取れるかどうかです。
隣地からの採光が全く取れない場合を想定して
窓から隣地境界までの距離によって採光が有効であるかどうかが
決まってきます。

1階のLDに採光を取るために、二つのテクニックを使っています。
1、和室の開口を大きく取り和室とLDの間仕切りを開放できる形にする事。
2、吹き抜けを作って2階のバルコニーから採光を取る。
という方法です。

実際は南からの採光があってもこのような方法で法律上の
採光面積をクリアーしてゆきます。

130721横長_512

今までの「せっけい倶楽部」に比べ
「3Dマイホームデザイナー」は制約が少なく表現力も有るので
イメージを表現する自由度が増した感じです。
2013/08/12

4LDK南入りの家

和室付きLDK+寝室+子供室2のスタンダードな構成です。
南北に長い敷地で南入りのケースです。
南入りは日照的にはよいのですが
悩ましいところは玄関が南に来るため
LDKの日照をどこか諦めなければならない所です。
今回の場合東からの日照が期待できるので
居間の採光を東側からとしました。
人が集まって食事をするスペースを大切にしています。

130812南入り0-1

コスト等の制約が少なければ階段を上がった正面に
1坪ほどの吹き抜けが有るとよいのですが、、、
住まい手の価値観で部屋を狭くしてでも吹き抜けを設けて
家族の一体感を選択することも出来ます。

130812南入り0-2

住まい手に多様な選択肢を提案するのも設計者に課せられた
ものだと感じます。

2013/10/27

間取り図バンク

間取り図作りに行き詰まった時
よその間取り図を見ることによってヒントを得る事は良く有ります
そんな目的でネット検索している方も少なくありません
出来るだけ沢山の間取りを提供して参考にしていただきたいと思います

分類方法は
敷地に対しての道路の位置(東西南北)
と個室の数によります



南4LDK001
比較的敷地に余裕があって
階段は廊下付き
家事室、玄関収納に特徴が有ります
南4LDK001
南4LDK001-2


南4LDK002
比較的狭小な敷地の4LDKです
階段は玄関から上がるタイプです
キッチンの位置和室の位置など苦しいものが有ります
ご希望に合わせて作成しましたがあまりお勧めでは有りません
南4LDK002
南4LDK002-2



西3LDK+和001
西、北の2面道路ですが
西からのアプローチです
2階に浴室・洗面・洗濯をまとめて有ります
西3LDK+和001





西6LDK001
西側道路のうなぎの寝床型
3世代同居型
西6LDK0001
西6LDK001-2



北3DK001
北側道路うなぎの寝床型
狭小のためダイニングが生活の中心
階段もダイニングにオープンで付いています
北3DK001
北3DK001-2


東3LDK001
東側道路で長編が道路に面した長方形
道路に接する部分が長いのは
設計上の自由度が高い反面
プライバシーを侵害される恐れが大きくなります
南側に大きな開口部を設けて
東側には最小限の開口部にとどめました
階段を建物中央に置きいつも人のいるLDKの空間を通って
2階へ行き来する形にしました
かつては窓を設けるため外壁に面した部分に階段室を
設けましたが
トップライトや吹き抜けを活用することで
建物の中央でも快適な階段が出来る事になりました
東3LDK001
東3LDK001-2


2013/11/22

北陸の家

記事は「理想の間取り作ります」の
4LDK+和室 北入り」に引っ越しました。
フリープランニング共々よろしくお願いいたします。