2011/09/24

テーマを持とう(その2)

記事は「理想の間取り作ります」の
テーマを持とう(その2)」に引っ越しました。
フリープランニング共々よろしくお願いいたします。
2011/09/24

テーマを持とう(その1)

記事は「理想の間取り作ります」の
テーマを持とう(その1)」に引っ越しました。
フリープランニング共々よろしくお願いいたします。

落水荘
2011/11/16

片付けの天才!住まいの空間プロデューサー

片付けの天才!住まいの空間プロデューサーと言う
ブログを見ました。
これから住宅を建てようとする皆さんには
是非読んでいただきたいブログです

住まいの空間プロデューサーの安東さん
お仕事柄、間取の不満を聞くことが多いと言う話

持ち込み家具を置く場所がないなど
設計の問題が多いそうです

先生は
「ハウスメーカーや工務店の担当者と
打ち合わせはどこでしましたか?」
とお聞きになるそうです
すると建て主さんの家で行う打ち合わせは
ほとんど無し
建て主さんの生活を理解し、生活に合わせた
設計をする姿勢がないことを指摘しています

間取作造は「お客様の家に行ってよく打ち合わせをして
設計しています」とは決していえません
ましてや顔も知らなければ
住所も知らないで間取を作っております

様々な事情でスタイルを変えることはできません
それを補うために
沢山のご要望を伝えていただけるようにお願いします
また持ち込み家具リストを用意しますので
お手数ですが書き込みをお願いいたします

続きを読む

2011/11/21

家づくりコンサルタントの雑記帳

家づくりコンサルタントの雑記帳と言うブログに
”新居でどのような暮らしをしたいのかが見えてくると、
自ずとどんな場所で、どのような家が必要なのかが見えてきます。”
と言うフレーズがでてきました。

なかなか深い言葉ですね
なんとなく住宅展示場に行って
営業さんのトークに載せられて
いつの間にか契約していた
と言うような話がある中

このような話をしてくれる
コンサルタントさんに出会えると
幸せになれそうですね
そして間取を言う前に
どんな暮らしをしたいか
どんな家庭生活をしたいか
どんな人間関係を作りたいか
についてゆっくり夫婦で又は家族で
話し合って進めて行きたいものですね

この段階で話をしておくと
家作りが進んでいって様々な決断を迫られたときに
ぶれないで結論をだすことが出来ると思います
2012/03/19

自分らしい住まいの形

「子供室と寝室」にコメントをいただいた
なお様はリンクを張らせていただいている
〜モダンな家を造るぞ♩可愛い物プラス〜
というブログをやっていらっしゃいます

タイトル通りのモダンな家です
生活やデザインの好みをとても良く考えていて
個性的で自分らしさを持った住まいになっています
ぜひご覧ください。

コメントには
>子供部屋と寝室の大きさの違いは、あまり考えてませんでした。
と有りますが、お子さんを育ててゆく過程をしっかりイメージして
独特の解を見出していらっしゃいます
「子供室と寝室」には2階に6帖の洋間が三つある間取りのことを書きました
オリジナルの間取りでありながら建売と同じような間取りで良しとする姿勢とは
まったくの対極に有って
可能な限りの未来を描き出しそれに対する住まいのあり方を追求した好例だと思います

家族のあり方の未来像はそれぞれの家庭で異なります
その家庭らしさを持った解を出してゆくのが
住まい作り、間取り作りの本当の目的だと思います