2011/09/24

オイデプス効果

間取を風水師や家相見に見てもらおうと言う話があります

風水にも家相にも家族を幸せにする力はありません
ただ予言によるオイデプス効果と言うことは有ります

息子オイデプスに殺されると言う予言を聞いた国王が
オイデプスを邪険に扱ったため
その恨みが原因で殺されたと言う話から
「予言されたことが原因で何事もなかったかもしれないところに
予言どおりのことが起こってしまう」と言うことです

ここで重要なのは
貴方が幸せになるためにはトイレにに花を飾り
便器は毎日ぴかぴかに磨きましょうと言うような
前向きで人を幸せにすることが出来る
方法を知っている風水師や家相見と出会えるかです
貴方がそれを信じてこれで幸せになれると強く思うこと
ができれば風水や家相によって幸せになります

しかしそこまで出来る人に出会えれば良いのですが
探すのが大変で
仕組みがわかればその必要もありません

トイレにに(造花でも)花を飾り
便器は毎日ぴかぴかに磨けば
どんな家でも幸せになれます
これは信じて実行する人だけに効果があります
やってみてください
2011/09/24

家相に関して 1

家相のせいで幸せになったり不幸になったりはしません。
いわれの無い事で不愉快にされたり、自由を失ったりするだけです。

設計の仕事をしていると家相を見る占い師の方に
間取りを説明する機会が有ります

ある占い師さんの家には驚きました
間取りの外枠は正方形その中央に折り返し階段
折り返し部分が1畳の踊り場ではなく
1畳の大きさを4分割した回り階段45度で分割する形のもの
安全上余りやりたくない階段です
その踊り場?回り階段?の突き当たりに高さ1.2m位の入り口ドア
茶室のにじり口でもあるまいに
今考えるとスキップフロアを作るのに
2階の梁を抜かなかったのでしょう
家相を考えて間取りを考えての結果のようです

ここまでが前置きです

人の人生に関して他人が幸不幸をいうのは筋違いですが
その占い師さん傍目から見て決して幸せそうな末期ではありませんでした

家相を見る占い師さんが家相では最高の家を建てて
その結果が不自由で危険な家になり
人生を不遇に閉じた

家相がいい家の実力はこんなものです

その占い師さんに見てもらったお客さんは
占い師さんの家を出てフーッとため息をついて言いました
「家相に関係なく自由に設計してください」と
そして、今も幸せに暮らしています

それでも家相が気になる方にだけ家相図をお書きします

2011/11/28

三輪宝?

ウィキペディアの記事です
三隣亡の由来は全く不明で、いつ頃から三隣亡
の慣習が始まったかは判明していないが、
江戸時代に入ってから確立されたとされる。
実際、三隣亡は、江戸時代よりも前の古い
暦注解説書には書かれておらず、江戸時代に
なってから見られるようになっている。
江戸時代の本には「三輪宝」と書かれ、
「屋立てよし」「蔵立てよし」と注記されていた。
すなわち、現在とは正反対の吉日だったことになる。
これがある年に暦の編者が「よ」を「あ」と書き間違え
、それがそのまま「屋立てあし」「蔵立てあし」と
伝わってしまったのではないかとされているが、
真偽は不明である。
後に、「三輪宝」が凶日では都合が悪い
ということで同音の「三隣亡」に書き改められた
経緯がある。
以上引用

>これがある年に暦の編者が「よ」を「あ」
と書き間違え、それがそのまま「屋立てあし」
「蔵立てあし」と伝わってしまったのではないか

こんな単純な間違いがあるはずがありません
これが本当だというのならすべていい加減だ
と疑わなければ成りません
間違っていない部分はどこですかと聞きたくなります

ここで占いを職業とする人間の立場で考えてみましょう
この日はいい日ですよと言って家を建て何かあった場合
あの占い師はいい加減だと言われます
悪日ですよと言っておいたの建てて何かあったら
ほら言ったでしょういえます
占い師としては良い日が少ないほうが有利なわけです
これを江戸時代の人がやったわけです

ここまでわかれば江戸時代の
占い師の都合で勝手に「三隣亡」とされた日を
そのまま受け入れるかどうか
自ずから結論が出ると思います
2012/03/12

北枕は心地よい?

今日は「北枕は心地よい?」という話
設計の仕事で平面プランをお客様に説明していると

たまに寝室のベッドの向きをみて
「これって北枕ではないですか?」と聞かれることがあります
北枕は縁起が悪いという迷信を信じている人がいるんだなと驚きます

ブッダが入滅の際、北の方角へ頭を置いて横になったといわれることから来ている様ですが
大乗仏教の仏典の中だけで他の仏典には同様の記述があるわけではなく史実として怪しいようです

このような迷信に対し薬師寺の故高田好胤さん(たぶん)が
「お釈迦様があえて北枕に休まれたのだから体に良いにちがいない。
地磁気の関係からからも良いという説がある」というようなことを
書いていたと思います

また中国では中毒で瀕死の人を北枕に寝かせると良くなるという言い伝えもあるようです

良いという伝説と悪いという伝説、両方があるときには定説がない
すなわち信じるに値しない
という風に考えるのが良いと思います
統計的に有意の違いがある様であれば定説が生まれるはすです

寝室にベッドの位置を書き入れる時
廊下やドアの位置や隣の部屋との関係、収納の位置などの要素を考慮に入れて計画します
迷信に惑わされることなく合理的に心地の良い配置で考えたいものです
2012/08/12

風水の奥義

風水で良いことが起こるというようなことはありません。
変な風水師もどきにだまされないでください。

けれども風水の奥義の
「周囲の人への配慮を怠らない」と言うのは
肯けますね。

人はねたむもの
新築すると周りからねたまれるので
ねたまれることが無いように
周囲に配慮することという事のようです。

かつて上棟式の時に近隣の方に
餅やおひねりを撒いたりしたことも
この考えが有った様に思えます。

このように中国の思想は実利的なことがたくさん有ります。
決して風水に従うまでも無く
住まいを清潔に保ち=毎日掃除をきちんとして
特にトイレや洗面器やキッチンのシンクやレンジ周り
そしてピアノやパソコンの裏側など
汚れをためないでいつもきれいにしておくこと。

明るい絵画や花を部屋に飾って
それも飾りっぱなしにしておくのではなく
埃をためずに季節ごとに変更したりして
室内を新鮮に保つ様にして暮らすことが大事ですね。

その結果さわやかな気持ちになり
日々の生活が前向きになって自然と結果が出てきます。
そのことを運が向上すると表現することも出来ると思います。

風水を形だけ取り入れるのではなく
本質を把握してその本質に沿って生活する事をお勧めします。


私共も朝食前に約1時間掛けて家の中から庭、道路まで
きれいに掃除することを日課としております。

おかげさまで毎日さわやかで健康でハッピーな気持ちで
暮らしております。