2020/12/31

はじめに

フリープランニングにおこしいただきましてありがとうございます。
間取り、住まい作りのお悩み解決のためのブログです。
建築設計事務所勤務や自営で住宅を沢山手がけてまいりました。
敷地の状況とご家族の希望をお聞きしてオリジナルの間取り図を作ります。
作業の流れ」をお読みの上、下のメールフォームからご連絡ください。
間取り図完成後も身近な相談相手として連絡お問い合わせください。
お名前はニックネームで結構です。24時間以内にご連絡いたします。
間取りのセカンドオピニオンをご希望の方は「間取りのセカンドオピニオン
をお読みください。 
尚、同様のサービスをココナラでもやっております。
ココナラのURLは下記になります。








スポンサーリンク








2018/02/05

アトリエコジマのサイト作りで気づいた”伸びしろ”

atoriekojima.jpg 

設計の仕事を40年以上やってきました。
このフリープランニングを立ち上げてからの7年間は
インターネットでの間取り作りとセカンドオピニオンに特化してきました。
その間に300件ほどのご依頼が有って多くの方に喜んでいただけました。
恥ずかしい話ですが
この間に特にこの数年で自分のスキルが上がったのを感じます。
大学を卒業し一級建築士を取り設計事務所で経歴を積んでも
まだ伸びしろが有るという事です。
これからも学び続けなければならないのだろうと思います。


そのように感じたのは
アトリエコジマというサイトを立ち上げて
1週間に2記事位のペースで記事をアップしています。
間取り図集に過去に作った間取りを載せているのですが
それを見るともう少し改善できると感じることが少なくありません。
その時には精一杯努めたつもりですが
お客様にもっと良いものを提供できたのではないかと思うと
残念に思います。


スキルの向上に効果が有ったのは3Dマイホームデザイナーの採用だったようにも思います。
間取りの組み換えが簡単に出来ることはもちろんですが
間取りの検討中に外観や内部空間のチェックが簡単にできるので
作った間取りがイメージしているものと一致しているかどうかの
すり合わせが簡単にできます。




atoriekojima2.jpg 
上の画像は間取り図集の目次に当たるものですが間取りを表示しないで
完成予想図を表示しています。


atoriekojima3.jpg

間取り図集のほかにも「間取りに失敗しない方法」の他間取りに関して
私の経験した中から皆さんにお役に立手相なことを記事にして行こうと思います。








2018/01/01

あけましておめでとうございます

b21563c167324d6aeb35a9c020d4165f_s.jpg 
あけましておめでとうございます
今年も皆様にとって良いお年になることを願っております
今年もよろしくお願いいたします

ブログの更新が滞りがちでしたが
アトリエコジマというサイトを立ち上げました
まだ記事数は多くありませんが
間取り作り家作りに役立つサイトにしたいと
頑張っております。
こちらの方もよろしくお願いいたします。
2017/12/22

火の用心いたしましょう

tenpura03.jpg 

先日肝を冷やすことがありました。
聖護院蕪の千枚漬けを作った後に沢山の葉が残りました。
半分はぬか漬けに。半分は炒めていただくことにしました。

蕪の葉は繊維が固いので細かめに刻んでから炒めます。
鍋にサラダオイルを入れて鍋を温めながら
蕪の葉を刻みます。
今回は蕪の量が多くていつものタイミングよりも少しだけ鍋に菜っ葉を入れるのが遅れました。

するとボッといってサラダオイルに火が入りました。
直ぐに菜っ葉を放り込めばよかったのですが
慌てていると頭も体も動かないものですね、、、
「水掛けよう!」
「油だから水はダメ!!」
「流しにおいて!」
「何かで蓋!!」
おろおろした挙句に
ステンレスのボウルを鍋に入れて空気を遮断する方法で消火しました。

もう少し油の量が多かったら、、、
もう少し消化が遅れたら、、、
今思い出してもぞっとします。

年とともに行動力も判断力も弱くなっているのかもしれません。
IHヒーターに変えることを検討しようと思います・

空気が乾燥しています。気を付けましょう。


2017/12/17

子供を伸ばすために気を付けたいスタディーコーナーの使い方

キャプチャ  

子供を伸ばすスタディーコーナー


最近の間取り作成のリクエストに多いのがリビングやダイニングにスタディーコーナーを設けることです。上手く行けば子供の学習意欲を高める効果があります。けれども使い方を誤ると子供の学習意欲を無くす結果にもなりかねないという警告を発する教育評論家がいます。気になりますね。出来るだけ原本の趣旨を変えないように一部省略させていただいています。出来れば原本を当たってくださいネ。

リビング学習は諸刃の剣


大流行「リビング学習」は"諸刃の剣"である
やり方次第で学力が下がることも
http://toyokeizai.net/articles/-/198653
親野 智可等 : 教育評論家

 伊藤さん(仮名)の小学4年生の長女はずっとリビングで勉強してきましたが、3年生の終わり頃から勉強への意欲がなくなってきたそうです。宿題にもなかなか取りかからず、何度も叱られてようやくやり始めます。
 それで伊藤さんは夫に愚痴をこぼしました。すると、夫は「お前が近くで見張っていたら、オレだってやりたくないよ」と言ったのです。「日頃から自分は否定語が多いけど、子どもの勉強を見ているときはさらに増えるようだ。というか、そういうことしか言っていなかった」と気がついたのです。否定語は極力やめて肯定語を増やすようにしたのです。たとえば、「しなきゃダメ」ではなく「するといいよ」というニュアンスで言うようにしました。このように言葉を変えたら、だんだん子どもの様子にも変化が出てきたそうです。
何事にも言えることですが、親は外からの情報を優先して肝心の子ども本人の内側の意思を無視し、その結果うまくいかなくなることが多いのです。どうか気をつけてください。

スタディーコーナーはただの道具


 当たり前の話ですがスタディコーナーはただの道具です。間取りに取り入れただけで子供が伸びるわけではありません。家族がしっかりと子供が伸びるように子育てすることではじめて結果が出るものです。